▼ MENU

川越市 ふじみ野市 自律神経失調症専門の整体院 川越総合整体院 【気になるぽっこりお腹!その原因は「内臓下垂」?】

投稿日: 2017年6月15日  | カテゴリ: 健康コラム

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s.jpg

ダイエットに成功して体重を減らせたのに、鏡で全身を映すと「お腹がぽっこり」しているのはなぜ?

そのお腹ぽっこりの原因は、脂肪だけのものではなく、内臓が下垂しているせいかもしれません。

今回は、ご自分ではなかなか気付きにくい内臓下垂についてお伝えしたいと思います。

ご参考下さい!

 

内臓下垂とは?

その原因と症状についてお腹とはいっても、普段はあまりその中にある内臓の事を意識することは少ないと思います。

内臓は、これらを取り巻くように筋肉や腹膜によって、本来あるべき場所に位置しています。

ところが、何らかの原因によって内臓が下がることがあるのです。

その状態のことを「内臓下垂」と言います。

内臓が下がってくると、臓器の中でも下側に位置する腸が押しつぶされ、圧迫を受けるようになると炎症を起こしやすくなると言われています。

炎症が起こると腸が腫れて、下腹部のでっぱりが下垂の影響に加えて、さらに目立ってしまうというわけです。

腸が圧迫されているのとで血行が低下して、腸やその他の臓器の代謝が落ちて脂肪も付きやすくなるという悪循環を招きやすくなります。

このように、内臓の位置が下がると、ぽっこりお腹だけでなく様々な不調が現れてくるでしょう。

また、その他のぽっこりお腹の原因には便秘やお腹に溜まったガスによるもの。

代謝が落ちることによって招きやすくなる皮下脂肪によるもの。

運動不足や不規則な生活による消化吸収の機能低下によるもの。

不良姿勢による内臓を動かしている筋肉の疲弊や内臓を支える骨盤のゆがみなどが考えられます。

 acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s.jpg

内臓下垂の改善策について

まずは、ご自身でのケアとして、内臓を支える筋肉や内臓のマッサージ効果に働きかける、腹式呼吸をオススメします。

息を吸う時は鼻からゆっくり吸って、お腹の膨らみを意識します。

息を吐く時はお腹を凹ませながら、細く長い呼吸を心がけましょう。

ご自身の取り組みで、なかなか良い結果を得られない場合は、ぜひ川越総合整体院の統合バランス療法を受けてみてください。

内臓機能の中枢となる自律神経の働きの活性化に特化した施術とカラダのバランスを整える整体施術で、ぽっこりお腹やそれに伴った体調不良の改善に働きかけます。

お気軽に、ご相談下さい!


川越、ふじみ野で自律神経失調症専門の整体院なら川越総合整体院

この記事の関連記事

歯ぎしりと自律神経の関係について、お伝えしています。 前回は、これらの歯ぎしりの原因について、お伝えしました。 今回は、自律神経の乱れから起こる「歯ぎしり」のカラダへの影響についてお伝えしたいと思います。 ご参考下さい!   歯ぎしり

梅雨どきになると、個人差がありますが、なんとなく調子の悪い日が出てきます。 ジメジメしていて体調までスッキリしないと気分も憂うつになってしまいがちに、、。 体調が安定しにくい梅雨をスッキリ過ごすにはどうすれば良いのでしょうか。 梅雨に体調

梅雨どきになると、個人差がありますが、なんとなく調子の悪い日が出てきます。 ジメジメしていて体調までスッキリしないと気分も憂うつになってしまいがちに、、。 体調が安定しにくい梅雨をスッキリ過ごすにはどうすれば良いのでしょうか。 梅雨に体調


アーカイブ

2017

最新記事