▼ MENU

川越市 ふじみ野市 自律神経失調症専門の整体院 川越総合整体院 【「腹痛」タイプ別の症状とその原因⑥(反復性腹痛)】

投稿日: 2017年6月8日  | カテゴリ: 健康コラム

c7edc126a01cbf2c4b402a81dd582705_s.jpg

こんにちは、自律神経失調症専門の整体院、川越総合整体院の和田です。

腹痛は症状の違いで5つのタイプに分けられます。

前回は「心因性腹痛」についてお伝えしました。

今回はお子さんに多い腹痛と言われる「反復性腹痛」についてお伝えしたいと思います。

 ご参考下さい!

 

子供さんに多く見られる反復性腹痛について

お子さんがいるご家庭であれば、子供さんが突然「お腹が痛い」と訴えることは経験があるのではないでしょうか?

風邪などの症状でも腹痛を訴えることはありますが、それが一ヶ月の間に数回も繰り返す場合は「反復性腹痛」の可能性が高まります。

 

反復性腹痛は1ヶ月の間に、数回を腹痛を訴えるなどを約3ヶ月以上に渡って続く腹痛で、痛む場所としてはおへその周辺に刺すような痛みを感じます。

このような事から、病院で検査を受けることかと思いますが、異常が見られないことから、前回お伝えした心因性腹痛と同様に子供のストレスが大きな要因になっていることがあります。

 

反復性腹痛の代表的な症状について

・痛みはおへそ周辺で差し込む痛みを感じる

・痛みは長くても1時間程度で治まり長くは続かいない

・痛みが出ている時は顔色が悪く汗ばんでいる

・学校が休みの日には症状が出ない

・夜中など就寝中には症状が出ない

・再発を繰り返す

・排便のリズムが乱れている

・病院の検査で異常は見られないなど

 

このような自覚症状を訴えるケースでは、ストレスが原因で腹痛を繰り返していることが考えられます。

「子供がストレス!?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、それは大きな間違いです。

子供といっても、子供にだって人間関係があって、それによって心には大きなストレスが生まれているのです。

また以前にも増して、現代を生きる子供の多くは学校だけでなく「塾」「スポーツ教室」「ピアノ教室」などなど、教育として様々な習い事をしている子供に多くこのような腹痛が多く見られることから、症状に心当たりがある場合は、子供さんの目線になってストレス要因を考えてあげるこが大切だと思います。

まずは、優しく聞いてあげて下さい。

もし、何か気になっていることがあれば、一緒になって考えてあげましょう。

その時に、親は親の価値観を押し付けすぎていないかを考えながら、お子さんと向き合ってみて下さい。

親の方が色々と囚われていて、その価値観を押し付けてしまっていることが、時としてお子さんに影響していることがあるからです。

9c010f2d45939d24df714e2d2b16c941_s.jpg

川越、ふじみ野で自律神経失調症専門の整体院なら川越総合整体院

この記事の関連記事

こんにちは、自律神経失調症専門の整体院、川越総合整体院の和田です。 腹痛は症状の違いで5つのタイプに分けられます。 前回は、その中で最も多い「関連痛」についてお伝えしました。 今回は「心因性腹痛」についてお伝えしたいと思います。 ご参考

こんにちは、自律神経失調症専門の整体院、川越総合整体院の和田です。 腹痛は症状の違いで5つのタイプに分けられます。 前回は、その中で最も多い「体性腹痛」についてお伝えしました。 今回は「関連痛」についてお伝えしたいと思います。 ご参考下

腹痛は症状の違いで5つのタイプに分けられます。 前回は、その中で最も多い「内臓性腹痛」についてお伝えしました。 今回は「体性腹痛」についてお伝えしたいと思います。 ご参考下さい!   鋭い痛みが特徴の「体性腹痛」について 普段意識す


アーカイブ

2017

最新記事