▼ MENU

少しずつ前向きに考えるクセを身につける①【川越・新河岸の整体院】

投稿日: 2018年5月16日  | カテゴリ: ココロ・感情・ストレス

974a1f2fd955a2fbb923fce0b60189ff_s.jpg

物事を考えるときに、あなたはどのような傾向で考えがちですか?

 

ポジティブ(前向き)、ネガティヴ(後ろ向き)どのように起きたことを捉えるかでココロとカラダへの影響は変わります。

 

もし、あなたがネガティヴ(後ろ向き)に捉えるくせがあるのであれば、あなたも心の持ち方を少しずつでもポジティブ(前向き)に捉えていくように変えれば

自分の目標や夢を達成することができるでしょう。

 

これは、健康についても同様です。

 

ポジティブに考えることで、あなたの健康もエネルギーも気分も向上していきます。

 

私たちの脳は、コンピューターと同じようにプログラムされています。

 

自分の置かれた職場や家族を含めた生活環境から学んだ情報によって、また自分の考えによってもプログラムされています。

 

ですので、自分の脳に与えているプログラムについて意識して選択することは重要なのです。

 

あなたが起きたことに対して、ポジティブ(前向き)なプログラミングを選択するようにすれば、生活と健康を向上させることができるでしょう。

 

あなたの身の回りにもいるのではないかとおもいますが、否定的な考えを持つ人に会うことってありますよね?

 

そして、そのような人は大抵すべてに批判的で文句ばかり言っていたりします。

 

逆に微笑みを分けてくれたり、勇気づけてくれる人もいます。

 

このような人は、物事の明るい面を見ることが上手な人で、そのような態度は周りを助けてくれます。

 

では、上記したそれぞれのタイプの人のうち、毎日をより幸福に生き、健康的な生活が送れるのはどちらでしょうか。

 

私たちには、嬉しいことにどちらのタイプを選択して生きていくかを自分で決められるのです。

 

ほとんどの人は、ポジティブ(前向き)な人でいようと意識的に努力していません。

 

何となく反応して、不快に感じているのです。

 

何となくは、とても不安定で、自分という軸もなかなか作ることができず、ついつい周りから影響を受けやすくなっています。

 

つまり、他人に脳をプログラムさせてしまっているのです。

 

他人の意見に囚われて、テレビを見れば否定的な意見を脳に、そして自分自身を批判したり、否定することをプログラムしているのです。

 

では、どのように自分の脳を自らが再プログラムしていったら良いでしょうか。

 

次回は脳を再プログラムする3つのステップについてお伝えしたいと思います。

 

慢性症状・自律神経症状専門の整体院 川越総合整体院

 

この記事の関連記事

歯ぎしりと自律神経の関係について、お伝えしています。 前回は、これらの歯ぎしりの原因について、お伝えしました。 今回は、自律神経の乱れから起こる「歯ぎしり」のカラダへの影響についてお伝えしたいと思います。 ご参考下さい!   歯ぎしり

こんにちは、自律神経失調症専門の整体「川越総合整体院」の和田です。 最近では、テレビや雑誌などでも「腹式呼吸」が健康にいいと言った「呼吸と健康」について取り上げられることがあります。 また、呼吸が浅いと健康を害することについても知られてきて

こんにちは、自律神経失調症専門の整体「川越総合整体院」の和田です。 最近では、テレビや雑誌などでも「腹式呼吸」が健康にいいと言った「呼吸と健康」について取り上げられることがあります。 また、呼吸が浅いと健康を害することについても知られてきていま


アーカイブ

2018

最新記事