▼ MENU

【川越市・ふじみ野市】自律神経失調症専門の整体院 川越総合整体院 「呼吸と自律神経の関係について①」

投稿日: 2017年12月8日  | カテゴリ: 自律神経失調症について

70efb3b9931c15dec0f0bbd3513ded47_s.jpg

こんにちは、自律神経失調症専門の整体「川越総合整体院」の和田です。

最近では、テレビや雑誌などでも「腹式呼吸」が健康にいいと言った「呼吸と健康」について取り上げられることがあります。

また、呼吸が浅いと健康を害することについても知られてきています。

呼吸をコントロールすることは健康にどのようなメリットがあるのでしょうか?

呼吸が心身に及ぼす影響について、お伝えして参ります。

ご参考下さい!

 

呼吸と健康について

呼吸法が健康に対する有効性は、研究であったり、症例報告としての事例がほとんどですが、その内容は様々な方面から有効性を示唆される報告が上がっています。

その中の1つに、高齢者に対して腹式呼吸の導入を行ったところ、自律神経の反応として心身をリラックスさせる副交感神経の働きが優位になる変化が現れ、血圧の低下に役立ったという報告があったとのことです。

腹式呼吸によって、安静状態を継続することで、呼吸を意識的に行っている状態でも、通常の安静状態よりも血圧を抑制することができ、通常の安静状態より負担を軽減できる呼吸法であると言えるデータがとれたそうです。

この腹式呼吸の詳細ついては後述しますが、ザックリとこの時に用いられた呼吸法は1分間に6回、呼気の時間2に対して吸気の時間1と言う「ゆっくり吸って、倍の時間をかけて吐く」と言う腹式呼吸法です。

この呼吸法は、かなり一般に知られている方法かもしれませんが、それだけに重要性に気づいていない方も多いのではないでしょうか?

心身に良い事は、たいがいシンプルなことなのかもしれません。

先程の研究結果にもあったように、高齢者の方々でも身体に負担をかけることなく、リラックスして血圧を下げられるという可能性が示唆された実験結果と言えるでしょう。

 

ストレスを受けやすい人に腹式呼吸が良い

6cd1ec05fd58380c3d02790ef02ae77b_s.jpg

腹式呼吸は血圧を下げる働きを促すことの他に、ストレスを受けやすい人へも良い働きを現しています。

この研究でも、高齢者の時と同様に、呼気の時間2に対して吸気の時間1という2:1の腹式呼吸法です。

呼吸の早さはそれぞれのリズムで行い、健康な中年女性20人を対象に行われました。

この際、普段の呼吸に現れているデータから、ストレスの影響を受けやすいという傾向が見られた人と、そうでない人を分けて観察したようです。

その結果、意識的に行う腹式呼吸は日常生活で生じるストレスを、自分自身で対処していくストレス・マネージメント法のひとつとして活用できる事を確認したわけです。

このように、ストレスに弱い人でも腹式呼吸をうまく取り入れることで、ストレスを軽減したり、かわしたりできる可能性が論じられ、呼吸法だけでストレスコントロールができるというのはいつでもどこでもできて、とてもよい方法です。

緊張した気持ちを落ち着かせるために「深呼吸」をした、なんていう経験は誰でもあるのではないかと思いますが、その深呼吸の方法をもっと効率よくできたら便利ですよね。

 

今回に引き続き、次回も呼吸について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 


川越、ふじみ野で自律神経失調症専門の整体院なら川越総合整体院

この記事の関連記事

こんにちは、自律神経失調症専門の整体「川越総合整体院」の和田です。 最近では、テレビや雑誌などでも「腹式呼吸」が健康にいいと言った「呼吸と健康」について取り上げられることがあります。 また、呼吸が浅いと健康を害することについても知られてきていま

こんにちは、自律神経バランスの乱れによって起こる症状専門の整体、川越総合整体院の和田です。 自律神経バランスが乱れると、カラダも冷えやすくなります。 もともと冷えやすい人にとっては、寒い冬はさらにつらい季節となってしまい、ついつい色々と着込

こんにちは、自律神経バランスの乱れによって起こる症状専門の整体、川越総合整体院の和田です。 自律神経バランスが乱れると、カラダも冷えやすくなります。 もともと冷えやすい人にとっては、寒い冬はさらにつらい季節となってしまい、ついつい色々と着込


アーカイブ

2018

最新記事