▼ MENU

トップページ > 自律神経失調症とは
川越自律神経失調症|自律神経失調症とは

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは、ストレスや生活習慣、体のゆがみなどが原因となって自律神経のバランスが乱れて、肉体面精神面にいろいろな症状があらわれる状態のことをいいます。

その症状は、現れたかと思うと消えてまた現れたり、別の場所に症状が現れたり、同時に3つも4つも症状が現れることも珍しくありません。

川越自律神経失調症|自律神経失調症の症状

上記の表のような症状が出て、ほとんど人は病院で検査を受けることでしょう。

西洋医学での改善は難しい?

自律神経失調症は医学的にみてもあいまいで、定義として「多様な不定愁訴(ふていしゅうそ:頭痛、肩こり、めまい、だるさなどといった不快な自覚症状)をうったえるますが、それにもとづいて、さまざまな検査をしても異常がみとめられない状態」とされています。

はっきりとした診断基準がないため、 医師によって診断はまちまちです。

一般的な内科医のなかには、検査で異常がないのだから「どこも悪いところはない」と診断する先生がいたり、逆に診断がつかない患者に、とりあえず「自律神経失調症」という診断をする先生とがいます。

仮に自律神経失調症という診断をうけて、症状をやわらげると言われている薬を飲み続けていても、いっこうに改善されず、不安を解消できずに困っている人はとても多いのです。

自律神経失調症といっても、個人個人によって症状が異なります。
この個人差が見られるのは、生活習慣、社会的環境(仕事・家庭・近所)、遺伝的体質など、いろんな要因が関わりあって起こる病気だから、なのです。

自律神経のしくみ

自律神経は、交感神経 と 副交感神経の正反対の2つの神経からなっています。この2つが交互にバランスよくはたらいて健康を保っています。

川越自律神経失調症|自律神経のしくみ

【交感神経】
活動・緊張・ストレスの神経(主に昼間の活動中)

【副交感神経】
休息・修復・リラックスの神経(主に夜間の睡眠中)

しかし現代人は、長時間の仕事、人間関係、不規則な食生活、睡眠不足など精神的・肉体的ストレスの多い毎日によって、自律神経が乱れる傾向にあります。

川越自律神経失調症|自律神経のバランス

自律神経失調症の原因は?

sinkei.jpg
自律神経失調症の原因は、さまざまな肉体的、精神的なストレス!

交感神経、副交換神経、この2つが、バランスよくはたらいている時はいいのですが、人間関係、不規則な食生活、睡眠不足、カラダのゆがみなどストレスの多い生活や、そのような生活の中で抱く不安や心配、恐れ、プレッシャー、怒りや悲しみがなどの肉体的、精神的ストレスが交感神経ばかりを刺激しまうからです。


川越自律神経失調症|自律神経失調症の原因

交感神経が優位にはたらいてしまっていると、体を修復する副交感神経が十分にはたらけず、回復が追いつかなくなります。

そのような状態が続いてしまうとやがて、自律神経失調症をはじめとしてさまざまな不調がカラダに出てくるのです。

自律神経のバランスを根本から整える「統合バランス療法」とは?

私たちは、物理的な身体だけの存在ではありません。

それぞれの臓器の寄せ集めではなく、肉体と目には見えませんが心という大切な存在があります。

心とカラダは車の両輪のようなもので、どちらも欠かせない密接な関係で存在してます。

もちろん自律神経もその中にふくまれます。

西洋医学が伝わる以前の時代では、すべての療法は肉体だけではなく心も対象に行われていました。

西洋医学が主流となる現代では、治療はすべて各臓器ごとに細分化されて、症状の出ている臓器、または症状に対して行われていて、肉体と心との関係性が重要視されていないのが現状ではないでしょうか?

そして、その結果はどうでしょう?

39兆円もの医療費を注ぎこんでいるにも関わらず、病気の人の数は年々増加しています。

また、病気の若年化が進んでいたり、 子どもの病気や原因の特定があいまいな自律神経失調症、精神の病気が増えて残念ながら、私たちの健康レベルは全体的に低下していると認めざるを得ません。

このような現状の中、私は10年以上、延べ30000人の自律神経を整えていく中で、病院の検査でとくに異常が見つからず、それでも症状を和らげる目的で医師から処方された薬を飲み続けている多くの患者さんは薬での対症療法ではなく、真の治癒を求めていることに気づきました。

そして、そのためには肉体と心の両面を整えることが自律神経失調症を根本から改善させるには必要であることに確信を持ち研究を重ね、和田式の統合バランス療法を確立したのです。

ココロとカラダに働きかける統合バランス療法

川越自律神経失調症|心と身体の整体

肉体へは、自律神経のバランスを乱す原因となるカラダのゆがみを調整したり、適切な生活習慣やカラダの使い方などをお伝えして、本来の自律神経の機能を取り戻します。

心へは、自律神経失調症の原因となる不安や心配、恐れ、プレッシャー、怒りや悲しみなどの原因となる、自らの思考や意識、行いに気づいていただけるようカウンセリングを通して本来の自律神経の機能を取り戻します。

心とカラダを整えると、交感神経と副交換神経のバランスは本来の状態を取り戻し、自律神経失調症の症状として現れていた不調は改善されるだけではなく、姿勢の改善や疲れにくいカラダ、疲労からの回復も早くなるでしょう。

また、今までの思考や意識、行いに気づくことで、悩みつづけていた人間関係などのストレスからの解放されて、自分らしさを取り戻し、あなたの人生をよりよいものへと導いてくれることでしょう。


>>ココロとカラダの関係について

川越自律神経失調症|予約・問合せ

東上線「新河岸駅」から徒歩15分

埼玉県川越市藤原町30-5
詳しいアクセスはこちら


logo.gif

20151211030739.jpg

 


 営業案内

受付時間

【月~金】
10:00~12:00
14:00~21:00
(最終受付:20:00)


【土日・祝日】
10:00~18:00
(最終受付:17:00)

定休日

毎週水曜、その他

IMG_5844.jpg

 院長 和田也寸志

川越自律神経失調症|電話

東上線「新河岸駅」から徒歩15分

埼玉県川越市藤原町30-5
詳しいアクセスはこちら